本文へスキップ

横須賀市におけるスキー・スノーボードの主要な拠点となるべくスノースポーツの普及発展の為に活動を行っています。

協会紹介information

スノースポーツ普及活動再開に向けたガイドライン

横須賀スキー協会

1 はじめに
令和2年5月25日に政府が新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴う緊急事態宣言全面解除を発表しました。しかし同宣言解除後も、「新しい生活様式」に基づく行動を取りながら、感染拡大防止に努めなければなりません。
この度、当協会ではスノースポーツ普及活動再開に当たっての感染拡大予防に向けた留意点についてまとめたガイドラインを策定いたしました。

2 本ガイドラインの考え方
 普及活動計画とスキー場までの移動手段
 スキー場を管轄する自治体の移動制限・行動制限等の情報を事前に確認し、それを遵守した活動計画を策定します。
 スキーバスの利用は「3密」状態が避けられず、しかも長時間にわたるため当面の間移動手段としての利用は行わないものとし、基本的に自家用車での活動実施を検討します。「3密」が避け得るのであれば公共交通機関の利用も視野に入れます。

 活動前の体調管理
 COVID-19の潜伏期間は1〜14日間であり、感染から5日程度で発症することが多いとされています。症状としては、発熱、呼吸器症状、頭痛、倦怠感がみられます。そして、症状からCOVID-19と感冒を区別することは困難です。
 以下に該当する方はスキー活動参加を避けましょう。自分の体調の異常に早く気付くために、日頃からご自身の体温測定、健康チェックをするようにしましょう。
ア 平熱を超える発熱
イ 咳、のどの痛みなどの風邪の症状
ウ だるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)
エ 臭覚や味覚の異常
オ 体が重く感じる、疲れやすい等
カ 感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合
キ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合
ク 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航歴又は当該在住者との濃厚接触がある場合


活動中の感染防止・体調管理
 活動中は周囲の人と2m以上の距離を保ちましょう。マスク、ネックウォーマー、フェイスガード等の着用を推奨します。
 活動中、活動後の手洗い、うがいの励行をお願いします。
 宿舎での活動については、「3密」を避ける行動を取るよう参加者に促します。

 スノースポーツ普及活動が開催される時期は感染症の感染への危険性が高まってきますので、より徹底した対策を行っていただくようお願いいたします。
 本ガイドラインは、今後の政府の発表や見解、また社会情勢に応じて、段階的に変更を行う予定です。今後、当協会主催事業においては、ガイドラインの内容に基づきながら、事業を運営していきます。また、今後事業開催の際には、当該事業が開催される自治体の方針に従い、開催の判断を行っていきます。

参考情報
・スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防ガイドライン改訂版(日本スポーツ協会)
・スポーツイベント開催・実施時の感染防止策チェックリスト(日本スポーツ協会)
・【事務連絡】「移行期間における都道府県の対応について」(日本スポーツ協会)
・新型コロナウィルス感染症対策の基本方針(内閣官房)
・新しい生活様式の実践事例(厚生労働省)
・新型コロナウィルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について(スポーツ庁)